無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【寫眞譚的review】風立ちぬ/Gaku 譚   

d0321741_814415.jpg

寫眞譚review/風立ちぬ:Gaku 譚

今回は戦争の時代が背景ということで、監督のメッセージが強烈なのかなと思いきや意図的に意識をしなければ、そこを感じること無く観ることが出来たのでホッとしたのが正直な感想です。(どうも作品の外で語れるメッセージがあまり好きではなく。。。)

そしてメッセージ性をあまり表に出さずにかつ、言いたいことを詰め込みすぎたのか映画として観たときに結局のメッセージがなんだったのか少しぼやけてしまった気がしています。

ただ、ジャンルは違えど、ひとりの技術者として自分の信じた道をひたすら純粋に追って行く姿はすごく良かったなぁと思います。

実はジブリの作品はあまり観ておらず映画館で観るのもハウル以来でした(その前はもののけ姫。苦笑)そのため、ジブリ作品を観るそもそもの観点がこれでよかったのかはよく分かりません。。。


d0321741_7222488.gif

『風立ちぬ』とは(Wikipediaより引用)
『風立ちぬ』(かぜたちぬ)は、宮崎駿による日本の漫画。『モデルグラフィックス』(大日本絵画)において、2009年4月号から2010年1月号まで連載された。本作を原作としたアニメーション映画が2013年7月20日に公開された。
タイトルは堀辰雄の同名小説からの借用であるが、「風立ちぬ」という言葉は助動詞の過去完了形であり、「風が立った」ことを表している。
Wikipedia URL

d0321741_7222488.gif

寫眞譚的reviewとは
展示や映画、小説等ジャンルを問わずテーマを決め、それぞれが見て(読んで)感じた事を月に一回発表していく寫眞譚web企画です。石川省吾→井戸博章→Gaku→椿原桜果→吉澤美季と続きます。

d0321741_7222488.gif


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by shashin-tan | 2013-10-21 07:30 | 寫眞譚的review

<< 【寫眞譚的review】風立ち... 【寫眞譚的review】風立ち... >>