無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【寫眞譚的review】ジョセフ・クーデルカ展/石川省吾 譚   

d0321741_7222488.gif

2014年1月の寫眞譚reviewは2013年11月6日〜2014年1月13日まで東京国立近代美術館で開催していた『ジョセフ・クーデルカ展』についてです。寫眞譚メンバーも全員見にいったのでその展示会についての感想を発表します。まず会長、石川省吾のクーデルカ譚です。

【寫眞譚的review】ジョセフ・クーデルカ展/石川省吾 譚

d0321741_856651.jpg


自分が知る限り、とても評判の良い写真展だったと思う。

実際に見て、すごくよかった。

評判の良い理由を単純明快に表すならば、クーデルカの写真はかっこいい。

稚拙で平凡な表現になってしまうけれど、彼の生き様が写し込まれている。

プラハの春を写真に捉えたことから祖国を捨てることとなり、

国籍を持たず長く放浪生活を続けてきたという人生、

その境遇のなかで、写真を撮り続けてきたことの意味は知るよしもないが、

提示された写真の総体から、その意味をこれでもかと伝えてくるのだ。

普通の人の普通の生き方とは、とことんかけ離れた数奇の人生。

それが、かっこいい。

好意的な写真展への評価はそのまま、

クーデルカの生き様に対する憧れと共感に他ならない。


d0321741_7222488.gif

ジョセフ・クーデルカとは(Wikipediaより引用)
ヨゼフ・コウデルカ(チェコ語: Josef Koudelka 、1938年1月10日 - )はチェコスロバキア出身の写真家。ジョセフ・クーデルカとも。ソ連軍のプラハ侵攻、いわゆるプラハの春の写真を撮り、ロバート・キャパ・ゴールドメダルを受賞したことで知られる。この時の写真はフィリップ・カウフマン監督の「存在の耐えられない軽さ」の時代考証にも使われた。カメラは1960年代当時一番入手しやすかったことからエクサクタを愛用した。プラハ装飾美術館でディレクターをしていたアンナ・ファロバが東ドイツに旅行する際にフレクトゴン35mmF2.8の購入を頼んだが、旅先で入手できずフレクトゴン25mmF4を買って来てしまった。しかしこのフレクトゴン25mmF4によりジプシーを撮影して一躍有名になった

d0321741_7222488.gif

寫眞譚的reviewとは
展示や映画、小説等ジャンルを問わずテーマを決め、それぞれが見て(読んで)感じた事を月に一回発表していく寫眞譚web企画です。石川省吾→井戸博章→Gaku→椿原桜果→吉澤美季と続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by shashin-tan | 2014-01-18 07:30 | 寫眞譚的review

<< 【寫眞譚的review】ジョセ... 寫眞譚メンバーの展示会『PHO... >>