無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 【寫眞譚的review】ジョセフ・クーデルカ展/椿原桜果 譚   

d0321741_7222488.gif

2014年1月の寫眞譚reviewは2013年11月6日〜2014年1月13日まで東京国立近代美術館で開催していた『ジョセフ・クーデルカ展』についてです。寫眞譚メンバーも全員見にいったのでその展示会についての感想を発表します。今日は椿原桜果のクーデルカ譚です。

【寫眞譚的review】ジョセフ・クーデルカ展/椿原桜果 譚
d0321741_91580.jpg


寫眞譚レビューで『クーデルカをやりましょう』と決まったので
クーデルカ、なにそれ美味しいの?と思ったくらい知らない人だったんだけど
会期ギリギリになりましたが、見て来ました。

そしたら…もうめちゃくちゃいい!
近くで見ると点描画のようにも見えるし、
ざらっとした画質、モノクロ、構図…どれをとってもめちゃくちゃかっこいい。

展示会は、初期作品から実験、劇場の順でジプシー、侵攻、エグザイル、カオスと
クーデルカが写真を撮った年代順になっていたのですが、
最初にガツンとやられ、そのままの素晴らしさが最後まで続いていて
息をつけるヒマがなかった…

そしてまた初期作品に戻って、また巡回して…
寫眞譚レビューだから見なくちゃ、と軽い気持ちで見にいったんだけど
かなり体力を奪われた展示でした(笑)


どれもがすべて素晴らしい写真だったんだけど
クーデルカのすごいところは撮るテーマが変わってても
写真そのものの迫力は変わらないこと。
どれもが素晴らしかったけど、中でも私が好きだったのは
パノラマサイズで撮った『カオス』シリーズ。
それまで人が入ってる写真が多かったのに、このシリーズになると
人はほとんど出て来ない。風景だけなんだけど
その切り取り方の迫力が凄くて、圧巻されました。

年末年始にかけて、かなり忙しくなるので寫眞譚レビューで指定されなかったら
わざわざ行かなかったと思われるこの展示会。
寫眞譚レビューの場合、その後レビューを書かなくちゃいけないので
どこか冷静に見てるのですが、今回はそれは無理で
かっこいい〜〜すごかった〜〜の感情がまだ強く気持ち的にまだ高ぶって
文字にするのが難しく、散漫になってしまってます…
でも、レビューに指定されてよかった。
しばらく図録を見返してニマニマしたいと思います。

d0321741_7222488.gif

ジョセフ・クーデルカとは(Wikipediaより引用)
ヨゼフ・コウデルカ(チェコ語: Josef Koudelka 、1938年1月10日 - )はチェコスロバキア出身の写真家。ジョセフ・クーデルカとも。ソ連軍のプラハ侵攻、いわゆるプラハの春の写真を撮り、ロバート・キャパ・ゴールドメダルを受賞したことで知られる。この時の写真はフィリップ・カウフマン監督の「存在の耐えられない軽さ」の時代考証にも使われた。カメラは1960年代当時一番入手しやすかったことからエクサクタを愛用した。プラハ装飾美術館でディレクターをしていたアンナ・ファロバが東ドイツに旅行する際にフレクトゴン35mmF2.8の購入を頼んだが、旅先で入手できずフレクトゴン25mmF4を買って来てしまった。しかしこのフレクトゴン25mmF4によりジプシーを撮影して一躍有名になった

d0321741_7222488.gif

寫眞譚的reviewとは
展示や映画、小説等ジャンルを問わずテーマを決め、それぞれが見て(読んで)感じた事を月に一回発表していく寫眞譚web企画です。石川省吾→井戸博章→Gaku→椿原桜果→吉澤美季と続きます。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by shashin-tan | 2014-01-24 07:30 | 寫眞譚的review

<< 【寫眞譚的review】ジョセ... 【寫眞譚的review】ジョセ... >>