無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 五重奏/椿原桜果展示「生まれた街、育った街、住んでる街〜暑い日と寒い日〜」   

椿原桜果:生まれた街、育った街、住んでる街〜暑い日と寒い日〜
d0321741_902790.jpg



石川省吾 譚
ビビッドな赤とビビッドな白。
脳裏には壁一面の2色が鮮明に記憶されています。
田舎のいかにも日本的な光景がどこか異国感を感じさせるところも面白いです。


井戸博章 譚
有りのままをダイレクトではなく、
桜果さんのレイヤーが積み重なり、視点が揺さぶられる感じがします。
撮影者の存在が強く現れ、そこは本当に存在しているのだろうかとすら
感じる強さがあります。
染まるのではなく染める、被写体に依存しない力が伝わって来ました。


Gaku 譚
おーかさんらしい!が最初の感想でした。

夏をオレンジ、冬を青っぽくまとめて
地元八王子の一コマを並べたもの。

自分を含めて、八王子に住まれていない人には
なかなか想像出来ない暑く寒い日常が詰まってました。

ちょっと欲を言えば、祭と雪以外の
それぞれの季節を感じる写真が展示として観たかった感もありますが
きっとこれからの展示で観ることが出来るのかなと期待しているところです!


吉澤美季 譚
暑い日と寒い日と。
暖色と寒色と。
反対軸をはっきりさせることで、
一段と強まるコントラスト。
その中から見えてくるものは、
身体の奥底から湧き出てくる地元愛。


d0321741_902857.jpg

本人:椿原桜果 譚
去年の寫眞譚展示会〜私のお気に入り〜で地元である八王子の風景を出展して、翌年(つまり今回)の展示が決まった時から「生まれた街、育った街、住んでる街」の第二弾を出そうと決めて1年間、八王子の風景を撮っていました。そこにいる人の自然な表情などが出るように心がけて撮ったものです。もともとRAW現像で好みの色にしてるのですが、今回は左右季節の違いをより出すために夏は暖色、冬は寒色に意図的に強調させました。

ただ…前回の写真といい、今回のこの写真といい、私自身が長閑な光景が好きなせいかそのようなシーンを多く撮ってしまうため、八王子は田舎…と思われてしまってる節がありますが、そんな事もなく58万人が住んで中核市を目指してるかなり賑やかな街です。来年(の展示があれば)は、賑やかな八王子をテーマに生まれた街、育った街、住んでる街」の第三弾を出してみたいと、五重奏が終わった今は思っています。


d0321741_7222488.gif

展示譚とは
寫眞譚展示会のそれぞれ出展したブースを、寫眞譚メンバーの感想と本人の展示の意図を説明するブログ企画です。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by shashin-tan | 2014-07-10 07:30 | 展示譚

<< 五重奏/吉澤美季展示「響奏」 五重奏/Gaku展示「雫」 >>